ABOUT

BASIC POLICY基本方針

安全衛生基本方針

第一高周波工業株式会社は、経営の3原則のひとつである「人間尊重」の理念に基づき、従業員の安全と健康を最優先とする文化を築き上げます。この理念の下、すべての職場で安全と健康を確保するための取り組みを強化し、安全で快適な職場づくりを推進します。

  1. 関係法令及び社内規定・ルールを遵守し、すべての事業活動において安全と健康の確保を最優先とします。
  2. 職場の実態を把握し、リスクアセスメントを行い、安全と健康を害しうる要因の除去に努めます。
  3. 従業員の安全と健康をより一層確保するため、職場における安全衛生活動を積極的に実施します。
  4. 従業員に対し必要な教育を実施し、安全知識と安全感度の向上を図ります。
  5. 心身両面にわたる健康への取り組みを実施し、従業員の心と体の健康保持増進に努めます。
  6. 安全衛生活動の評価・見直しを行うことで、取り組みの継続的な向上を図ります。

環境基本方針

第一高周波工業株式会社は、「全従業員の創意による環境保全への取り組みを経営の重要課題と捉え、『かけがえのない地球環境』を健全な姿で未来に引き継ぐことを基本的責務とする」理念の下、誘導加熱および応用技術をはじめとする事業展開において、すべての事業所で環境への負荷を少なくするための取り組みを、継続的に推進します。

  1. 国内外の環境関連法令を遵守し、さらに自主的な取り組みを通じて環境負荷の軽減を推進します。
  2. 環境に配慮した製品・サービスづくりに努めます。
  3. 環境負荷の低減に有用となる資材および機器類を優先に購入します。
  4. 事業活動全般にわたって環境負荷に配慮し、資源・エネルギーの有効利用、および廃棄物の削減、リサイクル、適正処理に努めます。
  5. 従業員に対し環境教育を実施し、一人ひとりが自ら責任を持って環境保全活動を遂行できるよう啓発します。
  6. 環境保全活動を通じて、地域社会に積極的に貢献します。

第一高周波工業株式会社 
代表取締役社長 佐藤昌俊